ITADとSDGs

ITAD業界とSDGs(Sustainable Development Goals)

SDGs(Sustainable Development Goals)は、持続可能な開発目標(通称:グローバル・ゴールズ)として2015年9月の国連サミットで採択された国際目標です。
先進国を含む全ての国に適用され2030年までを期限とする17の目標と169のターゲットから構成されています。
貧困や飢餓や暴力を撲滅し、地球環境を壊さずに経済を持続可能な形で発展させ、人権が守られている世界を実現することを目指す普遍的な行動を呼びかけていて、キーワードは「Leave No One Behind(誰一人取り残さない)」です。

当協会は、このような社会のニーズ・要請に応えるために、ITAD業界が密接に関係する3つの目標を達成する為、会員企業のCSRに沿った取り組みを通して課題の解決に貢献します。

また、リユース・リサイクルを推進することは、ESG(環境Environment、社会Social、ガバナンスGovernance)の観点からもCO2の削減やサーキュラーエコノミー(循環型経済)に寄与し、ITAD業界全体でサステナブル(Sustainable)な社会が実現できるように推進していきます。

3つの目標

  • ターゲット4.5

    2030年までに、教育におけるジェンダー格差を無くし、障碍者、先住民及び脆弱な立場にある子どもなど、脆弱層があらゆるレベルの教育や職業訓練に平等にアクセスできるようにする。

    取り組み:リユースパソコンの寄付(小学校、他)

  • ターゲット8.5

    2030年までに、若者や障碍者を含むすべての男性及び女性の、完全かつ生産的な雇用及び働きがいのある人間らしい仕事、ならびに同一労働同一賃金を達成する。

    取り組み:障害者雇用、高齢者雇用など

  • ターゲット12.5

    2030年までに、廃棄物の発生防止、削減、再生利用及び再利用により、廃棄物の発生を大幅に削減する。

    取り組み:リユース、リサイクルの推進

お問い合わせはこちらTEL:03-3248-5670TEL:03-3248-5670
FAX:03-3248-8821