ガイドライン

データ消去に関するガイドライン

パソコンやスマートフォンを含む情報機器のリユース・リサイクルは、情報機器の再利用及び長寿命化につながるだけでなく、廃棄物発生抑制やCO2排出削減の他、国内での資源回収・再利用といった環境・循環型社会に貢献する重要な産業・事業と考えます。
当協会では、使用済情報機器保有者が安心して売却でき、同時にリユース情報機器購入希望者も安心して購入できるよう、バリューチェーン構築に寄与してまいります。

  • データ消去ガイドラインの詳細はこちら詳細はこちら

    データ消去ガイドライン

    当協会は、良質なリユースパソコンの更なる普及および適切なリサイクル(再資源化)の拡大を目指し、パソコンのハードディスクドライブ(HDD)内のデータを適切に消去するためのガイドラインを策定しました。

  • スマートフォンデータ消去ガイドラインの詳細はこちら詳細はこちら

    スマートフォンデータ消去ガイドライン

    当協会は、良質なリユーススマートフォン・リユースタブレットの更なる普及および適切なリサイクル(再資源化)の拡大を目指し、スマートフォン・タブレットの記憶装置を適切に消去するためのガイドラインを策定しました。

  • オンサイトデータ消去ガイドラインの詳細はこちら詳細はこちら

    オンサイトデータ消去ガイドライン

    当協会は、良質な事業者を育成するために、オンサイトでデータ消去作業が適切に実施できるようにガイドラインを策定しました。

JITAD認定ラベル

  • ラベル
    情報機器リユース(再利用)
    取扱事業者(データ消去済)
  • ラベル
    Renaissance PC
    (OSインストールPC)
  • ラベル
    Direct Reuse(輸出)

国が定めた「中古判断基準」及び協会が定めた「製品化基準」

パソコンやリユースプリンタを含むリユースに適さない使用済み電気・電子機器の不正な輸出の防止をめざし、2013年9月に、経済産業省と環境省は、「使用済み電気・電子機器の輸出時における中古品判断基準」を発表し、2014年4月から適用を開始しています。
当協会は、販売台数が特に多いリユースデスクトップ型パソコン、リユースノートブック型パソコンとパソコン用のリユース液晶モニター装置を輸出する際、更に対応すべき事項を整理した「輸出用リユースパソコン等の製品化基準」【表1】と業務用コピー機(印刷機を含む)、業務用複合機、業務用ページプリンタ(プロッタを含む)を輸出する際、更に対応すべき事項を整理した「輸出用リユースプリンタ機器の製品化基準」【表2】を策定致しました。

お問い合わせはこちらTEL:03-3248-5670TEL:03-3248-5670
FAX:03-3248-8821